(平成二十九年一月二十三日提出 質問第二二号)「真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状」に関する質問主意書
(平成二十九年一月三十一日受領 答弁第二二号)衆議院議員辻元清美君提出「真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状」に関する質問に対する答弁書

この質疑のやり取りで安倍政権側の答弁があまりにもひどい。

質問の前置「真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状」の引用

「真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状」に関する質問主意書

 ピース=フィロソフィー=センターが二〇一六年十二月二十五日付けで「真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状」を発表し、映画監督のオリバー=ストーン氏や高橋哲哉・東京大学教授、テッサ=モリス=スズキ・オーストラリア国立大学教授など、日米韓豪の学者ら五十九人(二〇一七年一月二十三日現在)が署名している。内容は以下の通りである。

真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状(二〇一六年十二月二十五日)
親愛なる安倍首相、
安倍首相は先日、一九四一年十二月八日(日本時間)に日本海軍が米国の海軍基地を攻撃した際の「犠牲者を慰霊する」目的で、十二月末にハワイの真珠湾を訪問する計画を発表しました。
実際のところ、その日に日本が攻撃した場所は真珠湾だけではありませんでした。その約一時間前には日本陸軍はマレー半島の北東沿岸を攻撃、同日にはアジア太平洋地域の他の幾つかの英米の植民地や基地を攻撃しています。日本は、中国に対する侵略戦争を続行するために不可欠な石油や他の資源を東南アジアに求めてこれらの攻撃を開始したのです。
米日の開戦の場所をあなたが公式に訪問するのが初めてであることからも、私たちは以下の質問をしたく思います。
一)あなたは、一九九四年末に、日本の侵略戦争を反省する国会決議に対抗する目的で結成された「終戦五十周年議員連盟」の事務局長代理を務めていました。その結成趣意書には、日本の二百万余の戦没者が「日本の自存自衛とアジアの平和」のために命を捧げたとあります。この連盟の一九九五年四月十三日の運動方針では、終戦五十周年を記念する国会決議に謝罪や不戦の誓いを入れることを拒否しています。一九九五年六月八日の声明では、与党の決議案が「侵略的行為」や「植民地支配」を認めていることから賛成できないと表明しています。安倍首相、あなたは今でもこの戦争についてこのような認識をお持ちですか。
二)二〇一三年四月二十三日の国会答弁では、首相として「侵略の定義は学界的にも国際的にも定まっていない」と答弁しています。ということは、あなたは、連合国およびアジア太平洋諸国に対する戦争と、すでに続行していた対中戦争を侵略戦争とは認めないということでしょうか。
三)あなたは、真珠湾攻撃で亡くなった約二千四百人の米国人の「慰霊」のために訪問するということです。それなら、中国や、朝鮮半島、他のアジア太平洋諸国、他の連合国における数千万にも上る戦争被害者の「慰霊」にも行く予定はありますか。
首相としてあなたは、憲法九条を再解釈あるいは改定して自衛隊に海外のどこでも戦争ができるようにすることを推進してきました。これがアジア太平洋戦争において日本に被害を受けた国々にどのような合図として映るのか、考えてみてください。(以上引用)

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a193022.htm

これに続いて質問となっている。



問一から問六の1まで

問一 日本と米国の戦争が始まった日付と場所はいつ、どこか。また、日本と中国の戦争が始まった日付と場所はいつ、どこか。政府の認識を明らかにされたい。
問二 報道によれば、中国政府は日中戦争の起点を一九三一年九月の柳条湖事件にさかのぼらせることを通達した。日本政府と中国政府の間で認識に齟齬があるという認識か。
問三 日米、日中が開戦した理由は何だったか。政府の認識を明らかにされたい。
問四 一九四一年十二月八日(日本時間)に日本軍が侵攻した国・地域はどこか。
問五 一九四一年十二月八日(日本時間)以降に日本軍が占領した国・地域はどこか。
問六 フィリピン戦について問う。
  1 レイテ戦を含むフィリピン戦において日本はどこの国と戦ったと政府は認識しているか。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a193022.htm

いずれもさほど難しい質問ではなく、答弁できて当然の内容。
しかし、安倍政権は一切の回答拒否。

問一から問六の1までについて
 一般的に、歴史的な事象に関する評価については、専門家等により議論されるべきものと考える。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

問六の2及び4

問六 フィリピン戦について問う。
  2 レイテ戦を含むフィリピン戦における日本軍の戦没者はおよそ何人か。その主な死因について、どのように理解しているか。
  4 とくに、一九四五年二~三月のマニラ市街戦の死者は、日本軍、米軍、マニラ市民それぞれおよそ何人か、政府が把握している数を示されたい。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a193022.htm

これは復員関連での統計があるため、一応は回答している。

問六の2及び4について
 お尋ねの「レイテ戦を含むフィリピン戦における日本軍の戦没者」の意味するところが必ずしも明らかではないため、お答えすることは困難であるが、厚生労働省として把握しているフィリピンにおける日本人の戦没者の数は、約五十一万八千人である。お尋ねの「主な死因」については、統計的に把握していないため、お答えすることは困難である。また、お尋ねの個々の戦闘における戦没者の数及びその内訳については把握していないため、お答えすることは困難である。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

しかし「「レイテ戦を含むフィリピン戦における日本軍の戦没者」の意味するところが必ずしも明らかではない」というのは意味がわからない。「レイテ戦を含むフィリピン戦における日本軍の戦没者」の一体どこが明らかではないのか。

問六の3

問六 フィリピン戦について問う。
  3 一九五一年九月、サンフランシスコ講和会議でフィリピン政府代表が、「千八百万の人口のうち、われわれは百万人以上の生命を失った」と述べている。レイテ戦を含むフィリピン戦におけるフィリピン人犠牲者はおよそ何人と承知しているか。その主な死因について、どのように理解しているか。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

これも政府として把握していないはずがない情報だが、安倍政権は回答拒否。

問六の3について
 お尋ねの「レイテ戦を含むフィリピン戦におけるフィリピン人犠牲者」の意味するところが必ずしも明らかではないため、お答えすることは困難である。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

問六の5

問六 フィリピン戦について問う。
  5 日本の歴代総理大臣及び閣僚がフィリピンを訪問したとき、戦死した日本人、米国人及びフィリピン人犠牲者の慰霊を行ったことはあるか。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

これも把握していないはずのない情報だが、安倍政権は「直近十年間」と勝手に期限を切ってしまう。

問六の5について
 直近十年間では、平成二十六年一月に新藤総務大臣(当時)が、フィリピン共和国ラグナ州カリラヤの「比島戦没者の碑」を訪問して、日本人戦没者を慰霊した。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

問七

問七 二〇一五年八月十四日のいわゆる「安倍談話」について問う。
  1 「先の大戦」とはいつからいつまでの戦争を指すのか。また、「先の大戦」において、日本と戦った国はどこか。
  2 「進むべき針路を誤り」とあるが、日中戦争は誤りだったという認識か。
  3 真珠湾攻撃は誤りだったという認識か。
  4 対中国、米国以外で日本が行った戦争で、「誤り」でなかったものはあるか。
  5 「先の大戦」そのものが、誤りだったという認識か。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

安倍談話に関する質問は、これも回答拒否。

問七について
 政府としての認識は、平成二十七年八月十四日に閣議決定された内閣総理大臣談話(以下「談話」という。)において示されているとおりである。また、一般的に、歴史的な事象に関する評価については、専門家等により議論されるべきものと考える。いずれにせよ、談話では、「事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない」と述べている。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

安倍政権が付け足している内容は質問に対する答えになっていない。

問八の1及び2

問八 「真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状」に関連し、安倍首相の歴史認識等について問う。
  1 安倍首相は当該「質問状」が出されたことを知っているか。
  2 安倍首相は当該「質問状」に回答したのか。しなかったとすれば、その理由は何か。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

これも回答拒否。

問八の1及び2について
 政府として、私人による個人的な見解等の一々についてお答えすることは差し控えたいが、一般的に、歴史的な事象に関する評価については、専門家等により議論されるべきものと考える。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

問八の1及び2は「見解等の一々について」答えることを求めているわけではなく、「「質問状」が出されたことを知っているか」「「質問状」に回答したのか」の内容に過ぎないが、それすら回答拒否は理解できない。

問八の3

問八 「真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状」に関連し、安倍首相の歴史認識等について問う。
  3 安倍首相が以前、「終戦五十周年議員連盟」の事務局長代理を務めていたのはいつからいつまでか。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

安倍首相に対する質問であるが、これも回答拒否。

問八の3について
 お尋ねは、安倍晋三衆議院議員の政治家個人としての活動に関するものであり、政府としてお答えする立場にない。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

回答しない理由にもなっていない屁理屈。

問八の4

問八 「真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状」に関連し、安倍首相の歴史認識等について問う。
  4 日本の二百万余の戦没者は、「日本の自存自衛とアジアの平和」のために命を捧げたという認識か。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

これも回答拒否。

問八の4について
 お尋ねの「日本の自存自衛とアジアの平和」の趣旨が必ずしも明らかではなく、お答えすることは困難である。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

「趣旨が必ずしも明らかではなく」と政府が述べている「日本の自存自衛とアジアの平和」の文言は、安倍首相が事務局長代理を務めていた「終戦五十周年議員連盟」の結成趣意書の文言である。それに対して他ならぬ安倍政権が「趣旨が必ずしも明らかでは」から回答しないというのは理解不能。

問八の5から8まで

問八 「真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状」に関連し、安倍首相の歴史認識等について問う。
  5 「先の大戦」において、日本による「侵略的行為」にはどのようなものがあったという認識か。
  6 過去、日本が「植民地支配」した国はどこか。
  7 真珠湾攻撃は「侵略行為」という認識か。
  8 中国に対する戦争、及び真珠湾攻撃と同日の英領マレー攻撃、続く英領シンガポール、蘭領インドネシアに対する攻撃は、真珠湾攻撃と同じ「侵略行為」として認識しているか。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

これも回答拒否。

問八の5から8までについて
 「植民地支配」及び「侵略」の定義については様々な議論があり、お答えすることは困難である。また、一般的に、歴史的な事象に関する評価については、専門家等により議論されるべきものと考える。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

しかし「「植民地支配」及び「侵略」の定義については様々な議論」については、安倍首相自らが提起して学術的な通説を捻じ曲げ、専門家に政治的圧力をかけて黙らせてきた張本人だろう。

問八の9

問八 「真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状」に関連し、安倍首相の歴史認識等について問う。
  9 今後、中国や、朝鮮半島、他のアジア太平洋諸国、他の連合国における数千万にも上る戦争被害者の「慰霊」に行く検討はされているか。現在されていないのであれば、今後検討される予定はあるか。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

これも回答拒否。

問八の9について
 一般に、内閣総理大臣の外国訪問に係る訪問先等については、様々な要素を基に総合的に検討して判断している。また、一般に、内閣総理大臣の外国訪問に係る検討状況については、お答えすることは差し控えたい。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm

この答弁は安倍政権の歴史に対する極めて不誠実な態度を如実に示している。


平成二十九年一月二十三日提出
質問第二二号

「真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状」に関する質問主意書

提出者  辻元清美

「真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状」に関する質問主意書

 ピース=フィロソフィー=センターが二〇一六年十二月二十五日付けで「真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状」を発表し、映画監督のオリバー=ストーン氏や高橋哲哉・東京大学教授、テッサ=モリス=スズキ・オーストラリア国立大学教授など、日米韓豪の学者ら五十九人(二〇一七年一月二十三日現在)が署名している。内容は以下の通りである。
真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状(二〇一六年十二月二十五日)
親愛なる安倍首相、
安倍首相は先日、一九四一年十二月八日(日本時間)に日本海軍が米国の海軍基地を攻撃した際の「犠牲者を慰霊する」目的で、十二月末にハワイの真珠湾を訪問する計画を発表しました。
実際のところ、その日に日本が攻撃した場所は真珠湾だけではありませんでした。その約一時間前には日本陸軍はマレー半島の北東沿岸を攻撃、同日にはアジア太平洋地域の他の幾つかの英米の植民地や基地を攻撃しています。日本は、中国に対する侵略戦争を続行するために不可欠な石油や他の資源を東南アジアに求めてこれらの攻撃を開始したのです。
米日の開戦の場所をあなたが公式に訪問するのが初めてであることからも、私たちは以下の質問をしたく思います。
一)あなたは、一九九四年末に、日本の侵略戦争を反省する国会決議に対抗する目的で結成された「終戦五十周年議員連盟」の事務局長代理を務めていました。その結成趣意書には、日本の二百万余の戦没者が「日本の自存自衛とアジアの平和」のために命を捧げたとあります。この連盟の一九九五年四月十三日の運動方針では、終戦五十周年を記念する国会決議に謝罪や不戦の誓いを入れることを拒否しています。一九九五年六月八日の声明では、与党の決議案が「侵略的行為」や「植民地支配」を認めていることから賛成できないと表明しています。安倍首相、あなたは今でもこの戦争についてこのような認識をお持ちですか。
二)二〇一三年四月二十三日の国会答弁では、首相として「侵略の定義は学界的にも国際的にも定まっていない」と答弁しています。ということは、あなたは、連合国およびアジア太平洋諸国に対する戦争と、すでに続行していた対中戦争を侵略戦争とは認めないということでしょうか。
三)あなたは、真珠湾攻撃で亡くなった約二千四百人の米国人の「慰霊」のために訪問するということです。それなら、中国や、朝鮮半島、他のアジア太平洋諸国、他の連合国における数千万にも上る戦争被害者の「慰霊」にも行く予定はありますか。
首相としてあなたは、憲法九条を再解釈あるいは改定して自衛隊に海外のどこでも戦争ができるようにすることを推進してきました。これがアジア太平洋戦争において日本に被害を受けた国々にどのような合図として映るのか、考えてみてください。(以上引用)
 以下、質問する。

問一 日本と米国の戦争が始まった日付と場所はいつ、どこか。また、日本と中国の戦争が始まった日付と場所はいつ、どこか。政府の認識を明らかにされたい。
問二 報道によれば、中国政府は日中戦争の起点を一九三一年九月の柳条湖事件にさかのぼらせることを通達した。日本政府と中国政府の間で認識に齟齬があるという認識か。
問三 日米、日中が開戦した理由は何だったか。政府の認識を明らかにされたい。
問四 一九四一年十二月八日(日本時間)に日本軍が侵攻した国・地域はどこか。
問五 一九四一年十二月八日(日本時間)以降に日本軍が占領した国・地域はどこか。
問六 フィリピン戦について問う。
  1 レイテ戦を含むフィリピン戦において日本はどこの国と戦ったと政府は認識しているか。
  2 レイテ戦を含むフィリピン戦における日本軍の戦没者はおよそ何人か。その主な死因について、どのように理解しているか。
  3 一九五一年九月、サンフランシスコ講和会議でフィリピン政府代表が、「千八百万の人口のうち、われわれは百万人以上の生命を失った」と述べている。レイテ戦を含むフィリピン戦におけるフィリピン人犠牲者はおよそ何人と承知しているか。その主な死因について、どのように理解しているか。
  4 とくに、一九四五年二~三月のマニラ市街戦の死者は、日本軍、米軍、マニラ市民それぞれおよそ何人か、政府が把握している数を示されたい。
  5 日本の歴代総理大臣及び閣僚がフィリピンを訪問したとき、戦死した日本人、米国人及びフィリピン人犠牲者の慰霊を行ったことはあるか。
問七 二〇一五年八月十四日のいわゆる「安倍談話」について問う。
  1 「先の大戦」とはいつからいつまでの戦争を指すのか。また、「先の大戦」において、日本と戦った国はどこか。
  2 「進むべき針路を誤り」とあるが、日中戦争は誤りだったという認識か。
  3 真珠湾攻撃は誤りだったという認識か。
  4 対中国、米国以外で日本が行った戦争で、「誤り」でなかったものはあるか。
  5 「先の大戦」そのものが、誤りだったという認識か。
問八 「真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状」に関連し、安倍首相の歴史認識等について問う。
  1 安倍首相は当該「質問状」が出されたことを知っているか。
  2 安倍首相は当該「質問状」に回答したのか。しなかったとすれば、その理由は何か。
  3 安倍首相が以前、「終戦五十周年議員連盟」の事務局長代理を務めていたのはいつからいつまでか。
  4 日本の二百万余の戦没者は、「日本の自存自衛とアジアの平和」のために命を捧げたという認識か。
  5 「先の大戦」において、日本による「侵略的行為」にはどのようなものがあったという認識か。
  6 過去、日本が「植民地支配」した国はどこか。
  7 真珠湾攻撃は「侵略行為」という認識か。
  8 中国に対する戦争、及び真珠湾攻撃と同日の英領マレー攻撃、続く英領シンガポール、蘭領インドネシアに対する攻撃は、真珠湾攻撃と同じ「侵略行為」として認識しているか。
  9 今後、中国や、朝鮮半島、他のアジア太平洋諸国、他の連合国における数千万にも上る戦争被害者の「慰霊」に行く検討はされているか。現在されていないのであれば、今後検討される予定はあるか。
 右質問する。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a193022.htm

平成二十九年一月三十一日受領
答弁第二二号
  内閣衆質一九三第二二号
  平成二十九年一月三十一日
内閣総理大臣 安倍晋三
       衆議院議長 大島理森 殿
衆議院議員辻元清美君提出「真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状」に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。

衆議院議員辻元清美君提出「真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状」に関する質問に対する答弁書

問一から問六の1までについて
 一般的に、歴史的な事象に関する評価については、専門家等により議論されるべきものと考える。

問六の2及び4について
 お尋ねの「レイテ戦を含むフィリピン戦における日本軍の戦没者」の意味するところが必ずしも明らかではないため、お答えすることは困難であるが、厚生労働省として把握しているフィリピンにおける日本人の戦没者の数は、約五十一万八千人である。お尋ねの「主な死因」については、統計的に把握していないため、お答えすることは困難である。また、お尋ねの個々の戦闘における戦没者の数及びその内訳については把握していないため、お答えすることは困難である。

問六の3について
 お尋ねの「レイテ戦を含むフィリピン戦におけるフィリピン人犠牲者」の意味するところが必ずしも明らかではないため、お答えすることは困難である。

問六の5について
 直近十年間では、平成二十六年一月に新藤総務大臣(当時)が、フィリピン共和国ラグナ州カリラヤの「比島戦没者の碑」を訪問して、日本人戦没者を慰霊した。

問七について
 政府としての認識は、平成二十七年八月十四日に閣議決定された内閣総理大臣談話(以下「談話」という。)において示されているとおりである。また、一般的に、歴史的な事象に関する評価については、専門家等により議論されるべきものと考える。いずれにせよ、談話では、「事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない」と述べている。

問八の1及び2について
 政府として、私人による個人的な見解等の一々についてお答えすることは差し控えたいが、一般的に、歴史的な事象に関する評価については、専門家等により議論されるべきものと考える。

問八の3について
 お尋ねは、安倍晋三衆議院議員の政治家個人としての活動に関するものであり、政府としてお答えする立場にない。

問八の4について
 お尋ねの「日本の自存自衛とアジアの平和」の趣旨が必ずしも明らかではなく、お答えすることは困難である。

問八の5から8までについて
 「植民地支配」及び「侵略」の定義については様々な議論があり、お答えすることは困難である。また、一般的に、歴史的な事象に関する評価については、専門家等により議論されるべきものと考える。

問八の9について
 一般に、内閣総理大臣の外国訪問に係る訪問先等については、様々な要素を基に総合的に検討して判断している。また、一般に、内閣総理大臣の外国訪問に係る検討状況については、お答えすることは差し控えたい。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b193022.htm